三味線は弦楽器であり、弦(糸)を弾いて音を出す撥弦楽器である。基本的にはヘラ状の撥(ばち)を用いるが、三味線音楽の種目により細部に差異がある。

日本の音 三味線 安い

三味線は、琴と並んで日本の伝統溢れる音楽において欠かせない存在です。 津軽三味線が非常に有名で、沖縄には『三線(さんしん)』と言う楽器が存在します。もう一度日本の音を見直しませんか。

日本の音 三味線 安いカテゴリー項目一覧

三味線の概要

三味線の説明

三味線の種類

三味線の種類

三味線の歴史

三味線の歴史

津軽三味線10万円以下

津軽三味線入門セット
日本和楽器製造(株)津軽三味線セット
津軽三味線セットST-1
東さわり付き!初心者向け津軽三味線入門セット02
【秋の大感謝セール!送料無料!】津軽三味線セット 総花梨(延べ棹)&合成皮革張りりんどう金物

津軽三味線50万円以下

紅木津軽三味線 NO,2
津軽三味線・花梨本格派セット 【送料無料】
紅木津軽三味線 紅木鮮やか仕上がりで大特価!
津軽三味線 紅木 良い素材良い作り 送料無料
店長おすすめ!太棹三味線 【紅木】【民謡用、津軽用】

津軽三味線50万円以上

津軽三味線 高級紅木 大特価提供品
《津軽三味線》 紅木津軽三味線 金細B 【津軽】
究極の津軽三味線高級品【消費税&送料込み】
《津軽三味線》 紅木津軽三味線 金細C 【津軽】
《津軽三味線》 紅木三味線 金細D 【津軽】

三線

沖縄三線(さんしん)入門豪華8点セット
全音三線入門に最適ですSS-38
三線初心者10点セット 人工皮B
沖縄三線入門セット
三線初心者10点セット 人工皮A

長唄三味線

初心者向け長唄三味線長袋付セット
長唄三味線 花梨 合皮張り 初級者用セット[送料込]
長唄三味線
長唄三味線 花梨 紅木塗り仕上げ
長唄三味線 花梨

津軽三味線CD

津軽三味線 ベスト
福居一大/典美/みだれ弾き 福居一大・典美ベスト
津軽三味線 ベスト
2005津軽三味線全国大会(ライヴ盤)
津軽より愛をこめて~津軽三味線 PLAY ザ・ベンチャーズ

長唄三味線CD

長唄三味線
長唄三味線
長唄三味線合方集

長唄三味線CD

杵屋五三郎/長唄三味線

津軽三味線をもっと知る

音の旅人―津軽三味線・高橋竹山ものがたり
母さん、ぼくに光をください―津軽三味線にかけた盲目の少年の夢
和楽器入門 [箏入門・三味線入門・尺八入門・篠笛教本(入門編)・津軽三味線民謡曲集]
ビデオ 津軽三味線を弾こう 基礎・実技編

三味線の調弦

三味線の調弦

三味線界の異端児

三味線界の異端児

吉田兄弟

吉田兄弟/Renaissance
YOSHIDA BROTHERS
吉田兄弟プロフィール
吉田兄弟 FIRST LIVE “soul
吉田兄弟全国ツアー2006 「飛翔」

リンク集

リンク集


楽器本体は「天神(糸倉)、「棹」(ネック)、「胴」(ボディ)から成り、さらに棹は上棹、中棹、下棹の3つに分割出来るものが多く、このような棹を「三つ折れ」という。これは主に収納や持ち運びの便のため、また棹に狂いが生じにくくするためであるが、分割されていないものもあり「延棹(のべざお)と称する。逆に五つ以上に分割できるものもある。 素材には高級品では紅木(こうき)材(インド産)を用いるが、紫檀(したん)、花梨(かりん)材(インド、東南アジア産)の棹もある。以前は樫、桑製も多かった。最近一部ではスネークウッドを使うこともある。特殊なものとして白檀(びゃくだん)や鉄刀木(たがやさん)を使うこともある。固く緻密で比重の高い木が良いとされる。胴は全て花梨製だが昔は桑、ケヤキのものもあった。上級品では、内側の面にノミで細かな模様をいちめんに彫り込む。これを「綾杉」といい、響きを良くするといわれている。 皮は一般に猫の腹を使用するが、普及品や太棹では犬の背を使う。最近は合成製品を使用する場合もあるが、音質に劣る為好まれない。 雌猫の皮を用いる場合は、交尾未経験の個体を選ぶ。雌猫は交尾の際、雄猫に皮を引っ掛かれてしまう為である。 糸(弦)は三本で、絹製。津軽三味線に関しては、ナイロン・テトロン製の糸を用いる事もある。太い方から順に「一の糸」「二の糸」「三の糸」と呼ぶ。それぞれ様々な太さがあり、三味線音楽の種目ごとに使用するサイズが異なる。 通常、一の糸の巻き取り部の近くに「さわり」と呼ばれるしくみがある。これは一の糸の開放弦をわずかに棹に接触させることによって「ビーン」という音を出させるもので、倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす効果がある。これによって発する音は一種のノイズであるが、三味線の音には欠かせないものである。「さわり」の機構を持つ楽器は琵琶など他にもあるが、三味線の特徴は一の糸のみに「さわり」がついているにもかかわらず、二の糸や三の糸の特定の押さえる場所にも(調弦法により変化する)、共鳴によって同様の効果をもつ音があることである。これにより響きが豊かになるとともに、調弦の種類により共鳴する音が変わるので、その調弦法独特の雰囲気をかもし出す要因ともなっている。「東さわり」と呼ばれる棹に埋め込んだ、螺旋式のさわりもある。